――本日はナンバー1ホストに聞くナンバー1ホストへの道という企画なんですが、まずは自己紹介から。
クラブファルシオンの皐月璃斗(さつきりと)って言います。

――ナンバー1になるために今までやってきた努力とか教えてもらっていいですか?
人と人との…。やっぱり接客業なので、やっぱりお客様に対してもそうだし、従業員に対してもそうなんですけど、やってくれて嬉しい事をしてあげたらその分してあげようかな、と思うし。
僕もしてくれたら、ああ、今度は僕も返さないとな、って思うんで。
恩着せがましいじゃないけど、人として嬉しいことやってあげるってのは。やっぱ人として好きになれるし。
そういう事でお客様にもソレが伝わってくれたのかなーっと。思うんで。

――それでいまナンバー1になれたんですね。
そうですね。頑張ったのは僕かもしれないですけど、でもやっぱりお客様に頑張っていただいたので。
お客様が支えてくれたのでナンバー1に成れたので。決して僕の力ではないし、従業員の、キャストの人たちがお客様を楽しませてくれたので。
決して僕一人では無いので。

――ナンバー1なのに謙虚なんですね。
いやー全然。自分もそんな自身を持っているわけじゃないですけど、ナンバー1に成れて。
最近やっと自信を持てるようになったし。まだ…。ちょっと緊張してるんですけど(笑)

――やって貰ったや嬉しいことをやってあげたら、僕もナンバー1になれますか?
うーん。そうですね。でもやって貰って嬉しいことをやるのもそうだけど、一番はやる気ですよね。やる気。やっぱり気持ちが大事だと思うんで。
適当にやってても絶対にナンバー1になんかなれないし、むしろ絶対に売れないと思うんでね。
やっぱ気持ちひとつで何事にも、別にホストだけじゃなくいろんな仕事、いろんな事、好きな事もそうだと思うんですけど、ヤル気が有るか無いかで全然違うと思うんで。ヤル気があれば絶対になれますね。

――りとさんはホストになってどれぐらい経ちますか?
僕はですね、高校卒業してこっちにきたので、約4年ですね。

――そこ頃から結構ナンバー入りとかも?
いやー、僕は最初のほうは全然売れなくて。1年、本当に1年最初はだらだらしてたっていうか。俺はどうせ売れないかなっと。先輩たち、スゴイ先輩たちがいたので。
良い勉強にはなりましたけど、やっぱ自分に自信がなくて。でもがむしゃらにね、適当にやってても駄目だなっと思って、ある日。丁度(ホストを始めて)1年という区切りで駄目だな、自分はと思って。
本当にやる気ださなきゃと思って、0からスタートしようと思って気持ちを切り替えて、始めたんですよね。そしたらお客様も支えてくれて。それで始めてナンバーに入れて。そこからですね。

――りとさん的にはナンバー入ろうと決めた時から?
気持ち変えただけで仕事にも前向きにすることができて。ただ単にお酒飲んでヘルプ付いて飲んでた時代じゃなくて、やっぱり自分から率先して先輩の席だったりヘルプ付きましょうか、着きたいなとか。
指名獲りたいなと。僕なりに努力しましたし、気持ち一つですごい行動も変わると思うんで。

――気持ちを変えたことによって、どんな風に変わりましたか?
性格というか自分自身のモチベーションも変わるので。それって、お客様もそうだし従業員もそうだと思うんですけどやる気ってすごい伝わってくると思うんですよね。本当にやる気が、ナンバー入りたい!本当にお客様がついてほしい!って思ってやってたら、自ずとお客様もついてきてくれるし、従業員もそれに協力してくれるので。
自分一人では絶対にできたいとは思うんですけど。

――気持ちを変えることって大事なんですね。
多分ホストだけじゃなくて、何事にもそうだと思うんですけど、自分の好きなことだったり、自分の夢のためにやるって時はやっぱりやらないと絶対できないと思うし、気持ちひとつで。本当に僕も気持ち一つで田舎から出てきたので。

――最後に、今ホストやっててまだナンバー入りしていない子達がいっぱいいると思うんですけど、そういう方達にアドバイスやメッセージを。
まずは諦めるなってことですね。
もう本当に新人で直ぐ売れるキャストもいますけど、やっぱり僕もそうだったんですけど、絶対に実る時が来るので。
ここであきらめて辞めちゃうとそれまでなんで。だらだらやるのも駄目かも知れないですけど、まずはやると決めたらあきらめないでやることが一番だと思いますね。
絶対に、絶対そうするとナンバーも入るし、絶対ナンバー1成れるので。

――ありがとうございます!
(いやー、まだまだアドリブが聞かないなぁ…)

FALCHION(ファルシオン)
※掲載終了店舗