ホスト寮
ホスト寮は、男性従業員が勤務するお店から、徒歩圏内に住居を構え複数人で住んでいます。
よく「即入居できる寮完備!!」というホストクラブの求人広告がありますが、これは間違いありません。
歌舞伎町であれば基本的にどのホストクラブでも、お店の代表者名義で寮を完備しています。
寮に入っているホストは「寮生」などと呼ばれ、お店としては、寮生は喉から手が出るほど欲しい人材です。
寮生であれば、先輩ホストとも仲良くなりやすいですし、スキルも盗みやすい=短期間で売上も上げやすい人材になるからです。

ホスト自身の売り上げが上がれば、お店の売り上げにも貢献している訳ですから、寮生はとても歓迎されるのです。
その他にも、寮生になればアルバイトで週〇日~などで勤務するスタッフよりも辞めにくいという考えもあるようです。

ただし、ホスト業界全体の人材不足が影響していることもや、学生/掛け持ちのホストが増加したことにより、寮生は減少傾向にあります。
お店としても「高級タワーマンション寮」や「1人1部屋完備」などの誇大広告が増えています。
実際にそのような寮があるかないか?で言うとほとんどありません。
現実は1つの寮に4人~8人程度で住み込み、1人30,000円~50,000円の寮費を給料天引きで支払いながら共同生活を送っています。

店舗によって、光熱費を込みにしていたり別にしていたりと様々ですが、求人サイトに寮の間取りや寮費をしっかり明記することは極めて稀ですので、寮に入ってみないとその寮の良し悪しは判断できません。
実際に歌舞伎町近辺に1ルームのアパートを借りようものなら7万円前後の金額が掛かってきますし敷金や礼金も掛かります。

寮生=お金がないホストが多いのが現実ですから、手持ちのお金が無い方でも30,000円~50,000円の値段で寝泊りできる場所が確保できるのなら、それも悪くはないでしょう。
寮生からスタートし売れっ子ホストになり、一人暮らしをはじめるホストもたくさんいます。
ホストとして単期間で成功を収めたいのならホスト寮は成功の近道と言えるでしょう。