――ホスト上京物語という事なんですが、まずは自己紹介をお願いします。
どうも初めまして!クラブスカーの七瀬慶汰(ななせけいた)です。よろしくお願いします。

――上京ということですが、ご実家はどちらなんですか?
福島県のいわき市です。

――今丁度大変な所じゃないですか!?
そうですね。

――実家は大丈夫なんですか?
自分のところは大丈夫だったんですけれど、海沿いという事もあってそれなりに被害はありました。

――いつ頃上京されたんですか?
最近です。7/2から入店させてもらって。
※7/17取材

――じゃあ上京して直ぐ面接なんですか?
一ヶ月前に面接だけさせてもらって、その時に入店日を決めて(上京した)。

――最初からホストになろうと思って1回面接に来たんですね?
そうです。

――なぜホストになろうと思ったんですか?
ホストになろうと思ったのは、自分が正直ちょっと人付き合いやそういうのが苦手だったので、そういう自分を変えたいという気持ちが強かったんです。
あと、実家が地方なので、一人で都会に飛び出して行動力だったり人間として成長したいな、というのが一番強かったです。

――しっかりした理由があったんですね!
人として成長したいというのがあって。(実際に)毎日勉強になっているの。

――地元の福島に居た時は、東京(歌舞伎町)ってどんなイメージでした?
歌舞伎町は、やっぱり本当にもう凄い街なんだろな、というイメージが強かったですね。

――例えば?
ドラマとかでもあるじゃないですか、いつどこにどんなチャンスが転がっているかわかんないっていう。そういうイメージが本当に強くて。

――実際に(歌舞伎町に)来て見てどうですか?
そうですね、思っていたよりは全然普通ですね。
正直やっぱり、色んなホストさんとかそういう人達もいっぱい居て、毎日色んな事があるので楽しいですね!

――上京してきて、ホームシックとかなりませんでした?
少しはなりますけど、毎日が本当に楽しいんで。
お店のキャストさん達も楽しい人が多くて。
歌舞伎町っていう街自体が、自分にとって刺激的でワクワクさせてくれるので。

――上京してから一番楽しかった事とかってありますか?
やっぱり、一番はお店の人と仲良くなれて、一緒に御飯食べに行ったりとかそういうのも含めて、色んな事が新鮮で本当に楽しいです。

――福島にもホストって有るんですか?
自分が居たいわき市にはボーイズバーしか無かったです。

――それも上京した理由ですか?
そうですね、どうせやるなら歌舞伎町かなって。
どんなチャンスがあるかもわからないですし、レベルが高いっても言うじゃないですか。
と言うことは、自分に身につくことも大きいと思うので本当に勉強になると思うし、人間として成長できると思います。

――今、上京しようか悩んでる人がこの記事を見てると思うんですが、そんな人達にメッセージを。
自分も正直、いっぱい色んな不安もありましたし、いっぱい…沢山の時間を掛けて悩んだんですけど、悩む時間があれば行動に移したほうがいいと思いますね。
公開はしないと思うのでとりあえず来た方がいいと思いますね。

――ありがとうございます!!