――本日は歌舞伎町クラブムーンの寮生ぶっちゃげトークです。
よいしょー

――まずは自己紹介をおねがいします。
ツバキ クラブムーン内勤のツバキです。寮長をやらせて頂いております。

よいしょー

ユイ クラブムーンキャストのユイです。何もしてないです。よろしくお願いします。

ミカサ クラブムーンのミカサです。寮で一番きれい好きです。


――ではみなさんさっそくですが、寮に入った理由を教えて下さい。
ツバキ そうですね、たくさん出た(出勤した)方が売れるということで、プレイヤー時代から寮に住んでました。
近いんで通いやすいんですよね。

ユイ 寮に居れば、常に先輩が近くにいるんで、疑問を直ぐに聞けるってトコですかね。

ミカサ 俺も推したいのは近さですね。営業後で酔っ払ってたら帰りとか辛いと思うんですけど、本気出せばたぶん営業終了して10分後には寝れますね。
それで。

――近いからなんですね。
ミカサ そう。外見が中の下ぐらいなんですけど、内装は相当良いんで、決めましたね。

――内装といえば、間取りは?
ツバキ 3LDKですね。

――3LDKで3人?
ツバキ 今は4人ですね。なんでほぼ1人1部屋です。

――広々ですねー
ツバキ かなり広々です。逆に1部屋が寂しいぐらい。

――寮に入る前は、ホストの寮ってなんかイメージありました?
ツバキ うーん。友達とかホストやってる人に聞くと、1間に雑魚寝みたいな。
結構昔のホストさんの話聞いてもそういうの多いんですけど、2人部屋になっても全然余裕あるんでね。3LDKですから。

――3LDK推しっすね(笑)
ツバキ 3LDKっすから。

――1部屋が広いんですか?
ツバキ 広いっす。

――あと何人ぐらい寮に入れます?
ミカサ 100人乗っても大丈夫~

――某物置CM的な(笑)
(笑)

――まだ寮生募集してますか?
ツバキ もちろんですね。見ての通り輪が出来てるんで。

――仲良いんですね。
ツバキ はい。もう色々ウェルカムです。

――どれぐらい仲が良いんですか?一緒に何かするとか。
ツバキ もう、良く食うよね?ピザっすね(笑)

――ピザを?宅配的な?
ツバキ ああ、そうっす。

――同じ釜の飯を…
ツバキ そうそう。

――お店から徒歩?
ミカサ 人間の徒歩っすか?

――えっと…人間以外だと?
ミカサ チーターとかなら15秒っすね。

――人間でお願いします(笑)
ミカサ 人間だよねやっぱり。人間なら5分ぐらいですね。

――近いっすね!歌舞伎町ですか?
ミカサ 歌舞伎町内じゃなく、店から5分です。すごいいいとこなんですよ。
ツバキ 店が近いだけじゃなく、買い物もしやすいしスーパーとかも近くにあるし、駅もあれば。
何不自由ないっすね。逆にタクシー使ったほうが遠回りするトコにあるんで。

――皆さん結構仲がいいというお話だったんですが、寮に入って良かったことは?
ミカサ 営業後の思い出ができますね。
一同 ああー。
ミカサ ただ一人で酔っ払って一人暮らしてああ疲れたーなんて寝るだけじゃなくて、皆でピザとか頼んだりして。
今日はアレだったよねーとか楽しく1日を振り返ったりとか。

ツバキ 元々すごい人見知りだったんですけど、寮に入ってからは家族みたいな感覚なんで。兄弟できたみたいな。
だから人見知りでも問題無いっす。


ミカサ 人見知りだったもんな?
ユイ もうすごい人見知りでしたよ。

――むしろ人見知りこそ寮に入れと?
ツバキ 絶対そうですね。

――正直、寮って綺麗なんですか?
ツバキ 正直、綺麗です。

――綺麗なんですね!きれい好きで。
ツバキ はい。
ツバキ たまに早く帰ったと思ったら、ピカピカにしてくれてた。

――最後に、これから寮に入ろうとしている方へ、寮に来いよ!的なメッセージをお願いします。
ツバキ みてのとおり優しい雰囲気の人たちしか居ないんで。ホスト怖いとかイメージあるかもしれないですけど、そんな不安要らないんで、ぜひバッグ一つで寮に入って下さい。

ユイ 自分も最初はホスト怖いとか思ってたんですけど、寮に入って、一番身近な存在で楽しさとか優しさとかわかったんで。ホストやるなら寮しかないぐらいの感じで。

ミカサ 寮での生活っていうのは思い出もできるし、俺って結構人に心を開かないタイプだったんですけど。寮は人生を変えますね。

――これからも頑張ってください!