――では自己紹介からお願いいたします。
ミスターロンリーの木村たく…、城(ジョウ)ともうします!

――今回の企画はホストの前職ホストになった理由と言うことでミスターロンリー城さんにお伺いしていきます。
よろしくお願いします。

――ずばりホストになる前のご職業は?
聞いちゃいますか?ホストになる前の職業は僕は俳優をやっていました。

――俳優?
俳優です。舞台とかよりもテレビに出るような俳優をこんな顔で視聴者様には失礼な顔でしたが。誰が芸人じゃこのやろうって感じでやらせてもらっていました。

――東京でやっていたんですか?
もちろん東京で。

――俳優からホストになった背景はどんな背景だったのでしょうか?
元々ホストに憧れていたんです。夜王ってドラマがすごい大好きで小さい頃からずっと見てました。
ナンバー1の聖夜さんがどちらかと言うと悪い役やってるんですけど、白いスーツにちょっと高そうな白いコート来て歌舞伎町を歩いて後輩が後ろをついてくるみたいな光景に憧れてまして、僕もいつか歌舞伎町の一番街であれをやりたいなって。単純に目立ちたかったんですけど。

――俳優も目立ちたいっていう理由からでしょうか?
目立ちたい、モテたい、キャーキャー言われたい、騒がれたい。そんな感じです。

――じゃあホストしかないなと?
はい、ホストですね。

――俳優時代と今ホスト時代とどちらがモテてますか?
まあ一生モテてますからなんとも言えないんですけど。でも、ホストの方が圧倒的にモテてます。

――俳優からホストになる時どんなイメージでしたか?
ドラマのイメージしか無かったので、華やかな世界とか、ワイワイやっているイメージですね。お酒に飲まれているイメージ、飲まされているイメージで。

――テレビのまんま?
そうテレビのイメージ。お金がボンボン出ていくようなイメージでした。でもその反面怖そうってイメージもちょっとありましたね、正直。

――ホストになってそのイメージと現実は合ってました?
ちょっとリアルな話ですけれど、テレビより派手じゃないなと。実は。あんな豪快ではない。ちょっとイメージよりは抑えた感じなんですけど。怖いイメージってのは実際働いてみると無いですね。全然楽しい世界でしたね。

――ホストになったのはどれぐらい前なんですか?
途中で一回ホスト辞めてまた戻ってを繰り返したので、だいたい二年ぐらいです。

――実際に俳優業を辞めてホストになるまでの流れってどんな流れでホストになったのでしょうか?
インターネットで自分で調べて、色んなホストクラブのサイトを見ました。
色んなホストクラブの求人サイト見たりして、どこ行こうかなーって探していました。どこが有名店とか名前全然わからなかったのでとりあえずぱっと目につくところに2-3件応募しましたね。

――最終的にこのミスターロンリーにした決め手はなにか?
それがですね、僕体験入店っていうホストクラブ独特の制度があるんですけど、僕10店舗以上行ったんですよ。
それでミスターロンリーにたどり着いたんですけど、ちょっと生意気にも代表を呼んでくれと言って。どの店舗でも。

――生意気ですねー!(笑)
生意気です。生意気なんですよね。代表出さねえと入らないぞぐらいでいきまして大体どの店でも代表と話させてもらったんですけど、ミスターロンリーではJIN代表という方が代表なんですけど、ホストクラブのコンセプトがミスターロンリーは人材育成という。
人を育てようとか、ホスト歴の短い人を育てようというコンセプトだったので、僕にはとっても合ってるなと。ミスターロンリーに入った頃はホストは本当に少しかじった程度だったので、有名なところ行くよりはこういう風に人を育てると言ってくれたお店でやろうというのが合ったのと、あとちょっと変わったお店だと思ったので。
まずピンクのソファーなんておっぱぶかっ!って感じで。
ホストっぽくないお店も面白いなというのも合ったので、それでミスターロンリーに決めました。

――代表と話した事と変わった内装が決め手だったんですね。
はい。

――俳優業からホストになって決定的な違いってどんなところですか?
圧倒的に給料ですね!俳優さんなんて本当に一握りの方じゃないと。ちゃんと給料もらえるのは本当に一握りの方だけですね。
あとは、女の子と係る頻度が全っ然ちがいます。全っ然。ホストと俳優さんだと似た所も多いんですけれど。
俳優だった頃は、女性と知り合ってもどちらかと言うとマネージャーが守ってる感じが出てるんで(笑)全然手出せねーよ!みたいな。
ホストになってからは関わり方が半端じゃ無いです。もう最高です!

――俳優の時は給料も寂しい感じだったんですか?
いやー、寂しかったですね。しばらくは俳優一本では出来なかったので色んなアルバイトを頑張ってやっていました。

――今はホスト一本で?
はい。もちろんホスト一本です。

――ガッツリ稼げてるかなと?
まあ、何億もらってもガッツリとは言えないんで。
まだまだです。目標は高く。

――最後に、今の仕事辞めたいけど中々勇気が出ないとか、ホストになってみたいけど勇気が出ないっていう方に対してメッセージを頂けましたら。
うまく言えないんですけども、やってみないとわからない世界ですから、やった事無い人とか来たことない人が悪いイメージを持っているんですよね。
実際こっちの世界を知らないから。やってみないとわからないので、一度体験入店をしてみないとわからないし、お店来るまではどんなところなのかわからないんですよね。
なので、本当にいまの仕事をやったままで良いので、一回見に来てもらいたいですね。そうじゃないとわからないので。
ぜひミスターロンリーに来ていただければ、私木村たく…、城がお話させて頂きますので、ぜひ電話して下さい!待ってまーす!!

――今回はミスターロンリーの城さんにお話をお伺いしました。
ありがとうございます!!