――本日はアーツさんでホスト上京物語を取材させて頂きます。まず自己紹介をお願いします。
クラブアーツの綾波梓(アヤナミアズサ)です。よろしくお願いします。

――上京されたということですが、出身はどちらでしょうか?
出身は長野県の方、田舎です本当に。

――田舎っていうとどれぐらい田舎なんですか?
そうですね、とりあえず家の周りは畑しかないぐらい。

――コンビニとかは?
最近でき始めたぐらいっすね。

――なかったんですね!
はい。基本は車が無いと生活できないぐらいな。

――じゃあ結構田舎ですね
めっちゃ田舎です。

――そんな長野県から上京してどれぐらいですか?
もうすぐ1年経つぐらいですね。

――1年で東京には慣れましたか?
もうめちゃくちゃ慣れましたね。全然田舎よりも東京の方が楽しいですね。

――上京してすぐって辛さとか感じませんでした?
僕の場合にはワクワク感しか無かったですね。

――その辺りは上京した理由にも関わってくると思いますが、上京した理由は何でしょう?
ホストをやろうと思ってなんですけど。

――長野にいらっしゃった時からホストになろうと思って?
そう、色んなホストがモデルやってる雑誌とか見てて憧れとか。

――ホストに憧れを抱いて上京したってことですね。
そうですね。

――地元にいらっしゃった時に東京に対してどんなイメージを持っていましたか?
東京は人が多そうとか、怖いみたいな。街歩いてたらスラれるみたいな(笑)

――悪い人が多そう?
治安悪ぅ!みたいな(笑)そんな感じでしたね。

――実際上京してどうですか?
いやー全然。スラれた事はないですね。

――怖い人にも会ってない?
怖い人(笑)そうですね。無いですね。

――長野から東京に出てくる時にどういう持ち物とかで来たんですか?
持ち物は、スーツケースパンパンで洋服とかですかね。

――着替え中心?
そうですね。あとは東京で揃えてしまおうと。

――揃えるための軍資金とかは?
むこう(地元)でもある程度バイトしていたので、そのお金を握りしめてぐらいで。

――結構な額ですか?
いや、そんなには。数万円ぐらいな感じですかね。

――こっちに来てすぐに仕事は見つかったんですか?
色々と体験入店で回ってみて、体入費でちょいちょい生活しながらのみたいな感じですね。

――住むところはどうしてたんですか?
最初から一人暮らしをしようと思っていたので、そこは親にお願いして。

――仕事はどういう風に探したんですか?
サイト、インターネットで調べたりですね。
あとは、雑誌とかに載ってるようなところに。

――それでアーツさんになったんですね。
決めてって何だったんですか?代表が好きでみたいな。

――接し易かった?
良い意味で代表ぽく無くてフレンドリーで。

――それが決めてで?
そうですね。やっぱり働きやすい方が良いんで。ここだったら楽しいかなって

――働き始めてどうですか?
毎日楽しいですね!

――上京して良かった?
そうですね。もう帰らんぞ!ぐらいな。

――地元の友だちとかに会いたくないですか?
会いたいですけど、1年に1回ぐらい帰って遊べばいいかなみたいな。

――どうせなら皆東京に来ちゃいなよぐらいですか?
結構みんな来て欲しいんですけどね。

――こんな楽しいのにってアピールしてきたいですね。
そうですね。

――じゃあ最後に、これから地方から東京に上京しようと思っていてまだ勇気が出ないなっていうユーザーに向けて、勇気を与えて頂きたいんですが?
はい(笑)えっと僕もずっと田舎で暮らしてたんですけど、東京って怖いってイメージが多いんですけど、実際住んで見ちゃうと楽しいしホスト自体もみんな興味ある子が多いと思うので1会やってしまえばもう逆に辞めれなくなるぐらい楽しいんで、ぜひとも勇気を振り絞って上京してみてはいかがでしょうか!?

――これからもがんばってください!ありがとうございました!