――ホスト上京物語と言うことでホストになった経緯や流れなどをお聞きしていきます!まず自己紹介をお願いします。
クラブトラストの良音(りおん)っていいます。よろしくお願いします。

――では上京されたという事ですがご出身はどちらでしょうか?
山形です。東北の。

――東北の下の方っすかね?
上から2-3番目ぐらいっすね(笑)

――どういうところなんですか?
田んぼが広がっていてサクランボとか美味しいところですね(笑)

――なるほど(笑)山形県のどの辺りなんですか?
海側で庄内地方っていうところです。

――ああ!お米の産地ですね!
そうです。

――じゃあ田んぼが広がっていると。結構田舎ちっくな感じでしょうか?
そうですね。もう人柄からも全てわかるように…

――優しそうなお顔されてますね(笑)
ありがとうございます。田舎者なので。

――東京に出てきてどれぐらいですか?
一年半ぐらいですね。

――どうですか?東京には慣れましたか?
結構慣れましたね。楽しんでいます。

――地元特有の訛りとかってありますか?
訛ってる人と離すときぐらいしか出ませんね。

――東京でも若干はでる?
若干はでますね(笑)

――ほんの少しでちゃうかなと?
はい。

――上京してホストとして活躍されているわけですが、ホストになろうと思ったキッカケって何ですか?
バイトを探すことから始まり、すき家やコンビニやファミレスなど色々回って、パソコンでホストの求人情報見てるうちにやってみようかなって思って。軽い気持ちだったんですけれど。

――まあバイトの一つとしてって事ですね。
そうですね。さくっと(笑)

――それで歌舞伎町デビューしたわけですが、地元に居た時って歌舞伎町のイメージってどんな事を思っていました?
いやーもう本当に威圧感の固まりみたいな。入っていいのかな?みたいな凄く怖いイメージでした。

――結構怖いイメージもっていたんですね!良く踏み入れましたねー!?
いやーなかなかクリックできなかったですねー!!

――応募するときですか?
はい。

――実際なんか怖い事ってありましたか?
実際に入ってみたらアレ?っていう感じで。特には。最初は自分的に怖かったんですけど。

――あんまりじゃあ…
やっぱイメージですね。みんな。

――固定観念?
はい。

――実際来てみたら…
アレ?って感じで。本当に東京ひとくくりで全部同じで良いんじゃないかぐらい、全部別にイメージ悪くないですね。

――お仕事探すときにパソコンで探していてTRUSTさんに決めたわけですがお店を決めた時の決め手ってどうでした?
やっぱり面接に行ってみて雰囲気が良かったのと、一番最初に面接いかせてもらったところだったので決めました。

――他には受けたんですか?
いや行っていないです。

――TRUSTさんだけで?
はい。

――面接に来ようと思った理由ってありますか?
うーんやっぱりホストやってみようと思って一歩踏み出さないとダメだなーって思って面接に行こうと思って。

――それがTRUSTさんだった?
はい。

――実際面接に来てみて印象はどうでした?
人柄がいいなーって。イメージとは違くて。ホストのイメージとは違った感じで。

――お店入る前ってドキドキしませんでした?
ドキドキでしたねー!心臓飛び出るかと思いました。

――面接じゃうまくしゃべれなかったんじゃないですか!?
ガチガチでしたね(笑)何しゃべったか全然記憶ないですもん。

――じゃあ今思い返せないっすね(笑)
返せないですねー。

――今実際に東京へ出てきて一年半ですがホスト歴も一年半?
ホストを初めて今半年ぐらいですね。

――半年ホストをやってみてどうですか?歌舞伎町に対して今思うことってありますか?
怖いイメージとかは全然無いので、やっぱ一歩踏み出す勇気が必要かなって思いますね。

――踏み出してよかったですか?
良かったですね。色んな世界が見れて。

――上京してホストを始めて、お金って稼げました??
稼げました(笑)ずばり言っちゃうとアレですけど。

――金額は…チョメチョメで?
チョメチョメで。

――結構回りよりは良い生活ができてるかなって感じでしょうか?
そうですね。良い感じです。

――じゃ最後になるんですが、今地方から上京してきて歌舞伎町にデビューしようと思っているユーザーに向けて一言、勇気を与えていただきたいのですか?
まあさっきも言ったんですけど、一歩踏み出す勇気とか、クリックする勇気。クリックができたら次は歌舞伎町に入る勇気を。
もう全然大したことじゃないのでさらっと入ってみたら、多分世界観が変わるので。得るものも大きいと思うのでぜひやってみてください。

――ありがとうございました!!