――今回、ホストの前職ホストになった理由と言うことで取材させていただきます。
はい。

――じゃあ最初に自己紹介をお願いしていいですか?
クラブシェリルの瞬(しゅん)です。

――瞬さん、ぜひ色々お聞かせください!
おねがいします(笑)

――ホストになる前はどんな仕事をしていたんですか?
ホストになる前は居酒屋で働いていました。

――キッチンとかですか?
ホールもキッチンも両方です。

――両方やってたんですね。居酒屋さんで働いている所からなぜホストになろうと?
それはちょっと夢があって、稼ぎたいなとおもって。それでホストやってみようかなって。

――お金的な部分で?
そうですね。

――夢って?
自分でお店を持ちたいので。やっぱり普通のお仕事だと中々そこまでは稼げないので、ちょっと…一発がんばろうかなと。

――たしかに(笑)テレビで見るとホストクラブって札束が舞ってる様なイメージですよね。
そうなんですよ。華やかなイメージがやっぱりあるじゃないですか。それがキッカケですね。

――ちなみにいざ転職するときってけっこう勇気が要ったりとかしました?
まあそうですね。最初は中々…ホストクラブってわかんないじゃないですか。テレビで見ただけなんで。色々不安は有ったんですけど、元々色々スポーツとかやってたんでやればできると思って頑張りました。

――確かに、やれば成果に繋がるってイメージがありますよね。
そう。

――華やかなイメージだったという事ですが、実際入ってみてどうでした?
でも、やっぱり髪型とかもかっこ良く決めれるし、衣装もこんな風に綺麗じゃないっすか。かっこ良くないっすか?(笑)

――スーツってイイですよね。
そうですよねイイですよね。普通の飲食店だと変な制服とか着なきゃいけないので、そこはやっぱり良いなって思いますし。あとは綺麗な女性とお話ができるんで、もう最高っすね!

――女性が好きな方には良い職業ですよね。
そうですよ。

――確かに居酒屋さんとかだと決められたユニフォーム的なものが。
そうです。しかも汚れるじゃないですか。酔っぱらいが絡んできてお酒ボーンとかやられたりとかがあるんでね。

――あ、じゃあホストクラブにはそういったことが無い?
ないない。みんな良いお客さんばかりなんで全然大丈夫ですね。

――転職して直ぐって戸惑いとかは有りましたか?
まあ居酒屋だとお酒を運ぶだけとかキッチン入るだけだったんですけど、ホストクラブってお客さんとトークしながら提供しなきゃいけないんで中々難しいですね。色々考えながらトークとかもやらなければいけないので、そこは最初は大変でしたね。

――トーク術を磨くのも?
そうですね、接客の頂点みたいな仕事ですね。極められる所ですね、この仕事は。

――じゃあトークもうまくなってきた感じですか?
そうっすね、ちょっとは(笑)まだまだ足りないんですけど、まあちょびっとは(笑)

――居酒屋さんで働いている時と比べて、一番自由になった部分っていうのはどこですか?
衣装とか、髪型とかもそうですし、時間もそんなにガッツリ働かなくてもいいので寝る時間が増えましたし(笑)

――居酒屋の時って何時間ぐらい働いていたんですか?
その店はランチもやっていたので、もう朝から夜までずっと。

――じゃあ十何時間も…
そうです。

――どれぐらいそれが減りました?
もう半分以下っすね。

――本当ですかっ!?
なりましたね。

――じゃあ生活が楽になりますね。
楽になりましたね。

――睡眠時間も確保できてますか?
とれてますねー。ぐっすり寝れますよ(笑)

――体が資本ですからね。
そうですね。

――いま、この記事を転職に踏み出そうか迷っている人というか、ちょっとびびっちゃってるユーザーの方が読むんですね?
ああ、そうですね。確かに。

――なので、ちょっと勇気を与えるような一言がいただけたらと思うんですが。
まあ僕なんかの一言で良ければ(笑)

――ぜひ(笑)転職した先輩としてアドバイスを。
やっぱりこの職業は夢が一番ある職業なので、今迷っているのであれば、まずは応募して見てはいかがですかね!?

――なるほど。まずは1回応募してみると?
そうですね。

――後悔とかしないっすか?
全然してないっすね。

――じゃあ自分を変えたい人はぜひ来て欲しいですね!
そうですね!はい!

――わかりました!これからもがんばってください。ありがとうございましたー!