応募体験談16 Soleil 跡部景吾さん
特に怒鳴られることもなく、みんなめっちゃ楽しい
出身
愛知県
応募方法
電話応募
応募日
2010年06月02日
面接日
2010年06月03日
体験入店日
2010年06月04日
本入店日
2010年06月05日
応募時のホスト経験
未経験
寮の希望
寮希望なし
応募時の職業
学生
応募した店舗数
2件
面接に行った店舗数
2件
面接で落とされた店舗数
0件
体験入店した店舗数
2件
ホスナビ求人&ホスナビで応募した理由
ホスト憧れていてネットでホスナビを見つけたから
この店に応募した理由
求人にアットホームと書いてあったから
この店に入店した理由
体験入店したら、本当にアットホームだったから
面接前のホストクラブイメージ
怒鳴られて罰金ばかりあるイメージ
実際に働いた感想
特に怒鳴られることもなく、みんなめっちゃ楽しい
これまでで一番嬉しかったエピソード
やっぱり、顔をほめられた時ですね
一番の失敗談
会話が続かなかった時
ホスナビ求人&ホスナビで求人に応募する後輩へ
ホストは怖いイメージがあると思うけど、どんどん体験入店をしたらいいと思う。楽しいから。 あと、やるなら18歳からすぐはじめた方が良いと思う

応募体験談
■ホストに憧れていた。
跡部景吾(あとべけいご)さんがホストになった理由は以前から興味があって憧れていたから。学生ということもあり、やってみたいと考えてはいたもののなかなか機会がなく、ふと気付くと21歳に。学生としてそろそろ将来の事を考え出すこの時期に、やはり、ホストへの憧れがぼんやりと心に残っていた残っていたそうです。『ホストをやるなら今が最後のチャンスだ』。そう考えた跡部景吾(あとべけいご)さんが取った行動はホストクラブへ体験入店に行くこと。ホストと言えばテレビや雑誌で取り上げられる程度の情報しかなく、怒鳴られてばかりで罰金を引かれる辛い新人というイメージがあった。悪いイメージも少なからずあるけれど、とにかく1度体験入店で店を見てそれで納得できたらホストとしてがんばってみよう、そう考え、ホスナビの求人情報の中から2店舗へ電話を掛け、2店舗で体験入店として1日ホストを体験してみた。その内の1店舗が、現在彼が働く立川の有名店Soleil(ソレイユ)だった。

■本当にアットホーム
2件のホストクラブで体験入店をし、最終的に彼が選んだ店舗は『Soleil(ソレイユ)』。
応募した段階から、未経験で学生という事もありあまり上下関係がなく楽しく働ける店を探していた。求人広告に『アットホーム』と書いてある店に応募し、2件を見たが、『Soleil(ソレイユ)』は本当にアットホームだったという。
ホストクラブという場所自体にあまり良いイメージを持っていなかった彼は、頭のどこかで『アットホーム』なんて嘘だってことぐらいわかってる、と割り切っていたのかもしれない。 ただ、『Soleil(ソレイユ)』では、実際にホストとして入店してからも、TVで見るドキュメンタリーのように先輩に怒鳴られることも、罰金だらけでろくに給料がないということもなく、『みんなめっちゃ楽しい』と語っている。
ホスト激戦区立川でも指折りの有名店『Soleil(ソレイユ)』が、本当にアットホームで楽しいお店だという事を証明した出来事かもしれない。

■やるならば18歳からはじめた方が
ホストとしての階段を順調に駆け上がっていく跡部景吾(あとべけいご)さんですが、1つ後悔していることがあるという。
それは、ホストという仕事へ憧れを持ちながらも21歳になる今までホストとして働く決断が出来なかったこと。
始めるなら早い方が良い。特にホスト業界では、若さゆえの勢いや若い年齢での経験というものも大切になってくる。
そんな彼から、これからホスナビを見て、ホスト業界へとびこもうとしている後輩へ向けて2つのアドバイスがある。
一つは、やるならば早い方が良いということと、どんどん体験入店をする事。
本人が18歳からやっていればと悔やんだ経験からやるなら若いうちにという事と、ホストという仕事にネガティブなイメージを持っている人に、体験入店をやってもらって、その悪いイメージを覆したい、ということだ。
もちろん、この『Soleil(ソレイユ)』でも、定休日を除いて毎日体験入店ができるので、毎日応募者を大歓迎しているとの事。 

跡部景吾(あとべけいご) さんが働く、この立川 1部/ホストクラブSoleil(ソレイユ)で働いてみませんか!?今すぐ立川 1部/ホストクラブSoleil(ソレイユ)求人情報を見てみよう!

店舗詳細
立川Soleil
//work.irokoi.com/clubsoleil/